マイカー所有のセレブたちが集まる自由が丘エリア

目黒区は約4kmにも渡る川沿いの桜並木の景色が有名なエリアです。
大橋から下目黒までの間の桜並木は地元民だけでなく全国的に人気の高い名所なので、春先の目黒区に住むというだけでも大きな価値があります。

一方で住宅地としてはお隣の渋谷区と同一エリアを形成する高級住宅地として発展してきたところであり、山手線からやや外側に抜ける住宅地域に入ると、昔ながらの巨大な木造住宅などを数多く町並みに見つけることができます。

目黒区を走る路線の中心となっているのが東急東横線および東京メトロ日比谷線の中目黒駅で、代官山から駅一つという近さもあって渋谷や横浜などに通勤通学する人たちにとって非常に利便性の高い地域となっています。
中目黒駅前には東急ストアや商店街なども数多くあるので生活圏としていくときの不便を感じるということはありません。

特徴的なのが駅前周辺よりもむしろ高台の上にある住宅街の方が地価が高くなる傾向が見られるということです。
中目黒駅を通る路線とちょうどクロスする形で通っているのが中央環状線の山手通りですが、この通り周辺には偉大なオフィスビルが並び、幹線道路から奥に入ったところにある閑静な住宅街ではマイカーを所有する富裕層の集まる住宅地が見られます。

住みやすさで定評のある学芸大学駅・自由が丘駅

渋谷から横浜までをつなぐ東急東横線の途中には人気の住宅エリアがいくつか見られます。
中でも代表的なのが学芸大学駅および自由が丘駅で、この2つは東急東横線を代表する住宅街として活発な不動産取引がされています。

自由が丘は目黒区の区界ギリギリのところにある駅で、世田谷区を横切って次の田園調布駅へとつながります。
自由が丘という地名の由来は昭和5年(1930年)に創設された自由が丘学園です。
しかしどちらかというと学園都市というよりも住宅街として発展した都市のようで、駅前には大型複合施設などが数多く並んでいる様子が見られます。

もう一つの人気エリアとなっている学芸大学駅は反対にこじんまりとした商店街が多く、目黒通り沿いに歩いてみるとおしゃれなカフェやセレクトショップなどがいくつも見られます。

目黒は原宿や代官山とはまた趣きの異なる個人商店の集まるスポットとなっており、道路沿いに個性的なお店をいくつも見つけることができます。

他の場所にはない個性的なお店が多くあるということもポイントの一つで、あえて線路沿いではなく道路に沿った住宅街に住んでみることで休日の散策がしやすくなります。

電車だけでなくバス網もしっかり敷かれているということも目黒区の特長で、幹線道路である目黒通りは電車とほとんど変わらない利便性でバスを使用していけます。