麻布、青山、六本木など有名住宅地がぞろり

東京都内の中でもセレブ中のセレブが住んでいるのが港区です。
港区に住んでいるというだけでも合コンでモテると言われるほど住民としてのブランド力は強く、経営者にとっても港区に住むことがステータスになっています。

現在ではやや下火になりましたが、かつてIT系事業で大成功した人たちが居住していた六本木ヒルズから「ヒルズ族」という言葉が生まれたほどで、東京商工リサーチの調べで社長が最も多く住む街として港区赤坂が第一位を獲得しています。

納税者番付を見ても港区での納税額は他の区を大きく突き放しており、他の地域とはレベルの違う超高級住宅地という差を見せつけています。

ちなみに現在JR品川駅として運用されている駅は実際には品川区ではなく港区内にあります。
JR線では他に新橋や田町、浜松町といったところがあり、東京メトロ銀座線では表参道駅や青山一丁目駅、虎ノ門駅、外苑前駅、赤坂見附駅などどれをとっても有名な駅ばかりです。

アクセス状況の良さはもちろんのこと、一つ一つの建物の質が相当に高いということも港区の特長です。
ゴミゴミとした下町風景や裏路地の安居酒屋、風俗店といった景色もなく、街の隅々までおしゃれなカフェやハイソなオフィスが並んでいます。

都内を代表する高級住宅街の数々

都内でも昔からの超高級住宅街として知られてきたのが、渋谷区広尾~港区西麻布方面の一帯です。
この地域には他にも南麻布や元麻布、青山、白金、白金台といった誰しも名前くらいは聞いたことがある高級住宅街の代名詞がずらりと揃えられています。

歴史的にもこの地域は明治以降に華族や高級軍人などが豪奢な邸宅を数多く作ってきたという流れがあり、当時大流行していた和洋折衷の珍しいモダンな建物がいくつも残されています。

そのうちのいくつかはビル開発などによって移転・移築をしてしまいましたが現在も建物の外観を維持したホールなどが数多く見られます。

高級住宅街というところがどういうところかという雰囲気を味わいたいという人はぜひ一度この周辺エリアを歩いてみることをおすすめします。
控えめに言っても一歩踏み入れただけで他の住宅街と全く雰囲気が異なることがわかります。

ただ住宅街の中でも元麻布一丁目は麻布十番商店街など比較的生活の利便性を重視した昔ながらの商店街が残る庶民性のある場所となっています。
このギャップも港区住宅街の一つの魅力となっているので、移住を考えているならそうした生活面も意識して選ぶとよいでしょう。

投資先としての港区ですが、既に開発も終わり将来性が完全に織り込まれていることから今後極端に値上がりをするという期待はできません。