都心部へのアクセスと地元商店街の微妙なバランスがある街

都内でも特に「住みたい街」としての人気が高いのがJR中央本線沿線です。
その出発点となっているのが新宿区から抜けてすぐのところにある中野区です。
中野区内の中央本線の駅は東中野駅と中野駅の2つですが、いずれも人気の高い住宅街として機能をしています。

中央本線沿線の駅が住みたい街として人気が高い理由が、地元密着型の商店街があり住民が過ごしやすい環境が整えられていると同時に、都心部へのアクセス状況が優れているからです。

他の都内の人気住宅地とは全く雰囲気が異なり、低層住宅を中心とした懐かしい雰囲気の町並みが広がっており、それでいて公園や娯楽施設、飲食店や生活雑貨店など住んでいて楽しい施設には恵まれているという、とても住民に優しい都市設計となっています。

中野区は江戸時代までは近郊農業や製粉・味噌・醤油製造業の街として都市部の生活を支える職人の街として長らく機能をしてきました。

住宅街として変化したのは明治期に入ってからのことで、人口が都市部に集中してきたことにより郊外である中野周辺の人口も急増し、さらに関東大震災によって避難をしてきた人がそこに住み着いたことで一大住宅エリアに成長しました。

中野区の中心である中野駅では新たにサンモール中野や中野ブロードウェイといった新しいスポットもできており、秋葉原に並ぶサブカル系の聖地としても人気が高まってきています。

新たな住宅地としての計画が進む北部

中野区の住宅地としてはJR中央本線があまりにも有名であるため、他の地域の街づくりが遅れているという感じは否めません。
そこで中野区では「西武新宿線沿線まちづくり整備方針」として現在区内北部を走る西武新宿線沿線の各都市で町おこしを進めています。

都市計画として大幅な開発が進められているのは西武新宿線の中井駅~野方駅までの新青梅街道周辺の地域で、隣の新宿区と協力をしながらアクセス状況の改善や地価の安定を目指しています。

この区域の西武新宿線沿線が住民から今ひとつ人気がない理由の一つとして、踏切の状況が悪くしょっちゅう渋滞が起こってしまっているということがあります。

そのため立体交差点や道路の建設により道路環境を良くしてアクセスしやすい状況を作って行くということが大規模に計画されているところです。

ちなみに西武新宿線沿線や環七通り沿いは中野区内だけでなく都内でも有数のグルメスポットであり、手頃な価格で食べられる定食屋やレストランの名店がずらりと並んでいます。

特に沼袋周辺は個性的なお店が多いということで食べ歩き好きから絶大な支持のある場所なので、中野区で暮らすならそうした飲食店も詳しくチェックすることが勧められます。